豊胸手術の基礎 -豊胸@徹底解剖-


豊胸手術の基礎



     現在の日本では、脇の下のシワに沿って切開する方法
     が主流です。欧米では乳輪部や乳房下緑を切開して、
     バッグを挿入する方法が多いのですが、この違いは、
     肌の色にあるとも言われています。白色人種は有色
     人種と違って、傷が目立ちにくいからですが、日本人
     は傷跡が目立ちやすく、脇の下からバッグを挿入する
     方法が適しているからです。

     豊胸手術によって自然なバストにするために大事なこと
     は、詳しい診断と最適なバッグの挿入位置です。
     では正しいバッグ挿入位置を定めるにはどのようにする
     のでしょう。


     1 バストの大きさをきちんと把握しましょう。

       バストを大きくするためには、乳腺組織と脂肪組織の部分
       を大きくすることですので、豊胸手術は、この乳腺と脂肪
       組織の代わりに豊胸バックを挿入することになります。

     2 挿入の位置は、次の部分を想定します。

       ・乳腺下
        元来、乳腺や脂肪組織があった人のバストアップ、
        またはリフトアップ用です。自然なバストアップが可能です。

       ・大胸筋下
        乳腺や脂肪組織が少ない人用です。筋肉が不自然なバッグ
        感をカバーします。大胸筋と小胸筋を剥離する際の技術が
        大事なところです。

       ・筋膜下
        以上の二つを改良した方法です。

         メリットとしては以下の3点になります
          ・大切な組織を傷つける心配が無く、術後の腫れ、
           痛みが少なく、回復が早い。

          ・リップリングの回避が可能で、カプセル拘縮の可能性
           も極めて低い。

          ・長期的にも、バッグが極端にお腹のほうへ下がること
           を防げる。


     ただし、どの場合も、見た目にも感触的にも自然なバストに
     なるように、詳しい診断と正しい挿入位置を検討決定すること
     が、豊胸手術に歯必要です。

当サイト人気コンテンツ


    ■ 現在のパッグについて
    ■ シリコンブレストインプラント
    ■ 病院の選び方
    ■ 脂肪注入とバッグの違い

Copyright (C) 2009-2012 豊胸@徹底解剖 All Rights Reserved.
[PR] 南アフリカランド FXシステムトレード FX 自動売買 トルコリラ メタトレーダー トルコリラ