脂肪注入とバッグの違い -豊胸@徹底解剖-


脂肪注入とバッグの違い



     脂肪注入は自分の脂肪を脂肪吸引で取り、それを注射器で胸に
     注入する方法です。自然な仕上がりになり、しかも太ももや
     おなかの脂肪が気になる人には、プロポーションを整える
     効果があるので、人気が高いです。

     でも問題もありますね。さほど胸を大きくすることは不可能だ
     と言うことです。平均でいえば、2カップ程度は大きくなるで
     しょう。成功した場合で、3カップまでと考えてください。

     これは、自分の脂肪が少なくて、採取が少ない場合、大きく
     することは不可能だからです。ですから、3カップ以上大きく
     したい場合にはお勧めしておりません。

     ところで、バッグの場合は、大きさが50cc〜500ccまで
     10cc単位でありますので、自分の希望の大きさを選びこと
     ができます。自分が思った通りの大きさにすることができる
     のは、うれしいものです。最近のバッグは性能がよくなり、
     感触も見た目も、自然の胸として違和感がなくなりましたし、
     耐久性も向上しております。破れたりすることもほどんど
     なくなったので、何十年も大丈夫と言われております。

     また、健康診断などで撮る通常のレントゲンには撮影されない
     組織ですが、乳ガン検診などで用いられる最新の画像診断装置
     には写ります。仕上がりが自然でバッグが入っているのがわか
     らない人もいますが、これは個人差があるものです。
     この違いは、もともとの胸の大きさや脂肪のつきぐあい、
     形などによるものですし、バッグの種類や大きさ、バッグを
     入れる場所によっても違いが出ます。

     安全面は、脂肪注入もバッグも同じと言えます。術後のトラブル
     や合併症も、両者にほとんど出てきません。ですから、やせて
     いる方でできるだけ大きくしたい場合は、バッグを。脂肪を除去
     したいと同時に、乳房は少しでもアップさせたい方には、
     脂肪注入をお勧めします。

当サイト人気コンテンツ


    ■ 現在のパッグについて
    ■ シリコンブレストインプラント
    ■ 病院の選び方
    ■ 脂肪注入とバッグの違い

Copyright (C) 2009-2012 豊胸@徹底解剖 All Rights Reserved.